効果的な工法:
 FRP内面補強工法(光硬化)

 FRP内面補強工法(熱硬化)
 
管更生工法に準じた厚みで補強(強度)止水効果を出すため、
二層構造管仕様(標準U材料)、自立管仕様(標準V材料)での施工が増えています。



部分補修工法は、元々止水が目的で開発されたものである。供用開始下水管きょも多くなり、税収不足と相まって損傷箇所のみ部分的に補修を行うことにより、管更生工法に比べて経済的で30年間以上の耐久性が保持できるため、施工が増えております。

注) 自立管の厚みは、設計条件で増減することがあります。



前ページ | 戻る | 次ページ


© SGC Inc, All Rights Reserved.