効果的な工法:
 FRP内面補強工法(光硬化)

 FRP内面補強工法(熱硬化)
 
止水を確実にするため
副材(水膨潤ゴム〈A-50〉)使用について

  浸入水ランクA(噴出している)の時
  浸入水ランクB、Cでもジワッと出ていて、過去に止まらなかった時
  補修箇所 土被り5〜10mある時
  近くに小川・沼があり、過去においても止まらなかった時
  マンホール付近を掘って1m以内でも水が出る時






注)浸入水ランク(A)等で浸入水量、噴出し水量が多い時は、現場状況により、
  止水パッカー使用が効果的な場合が有ります。


前ページ | 戻る | 次ページ


© SGC Inc, All Rights Reserved.